高齢の人・障がいを持つ人の福祉を向上

投稿者: imaeda

 虐待や放置等の問題を防ぎ、人間の安全保障を確保するために、家族、民生委員、病院・老人保健施設等の入所施設、医療関係者、介護担当者・事業者、介護支援職員、社会福祉士、成年後見人らとの間で合理的に連携し、緊密なコミュニケーション態勢を構築して、「バリヤフリー」の概念を、物理的設備だけでなく、精神的抵抗の問題や人的関係にも応用し、受容性豊かな地域社会を創る。
高齢の人、障がいを持つ人が、地域社会を自分自身の能力を活かし、安心して積極的に社会参加できる受け入れ態勢を創る。
 携帯電話GPSを活用した場所案内、所在場所確認を充実させ、安全を確保すすることにより、安心して街への参加意識を持っていただく。
 地方交付金が中央からの紐付きでなくなるかはまだはっきりしているとは言えないが、多くの財源を医療・福祉分野に注げるように市の財政改善に努め、福祉分野のベンチャー企業立ち上げを支援するとともに、事故・トラブルが生じないようコンプライアンス体制の確立を助言し、監督する。健康状態悪化や老後の生活に不安を抱かず、安心して日々の生活を送り、自己実現を目指せる地域社会を創造する。