交通網整備による都市力強化

投稿者: imaeda

 広島市は、三角州デルタ地帯の旧市街と、山間部を中心とした郊外地に二分化される。
 そして、その中間を縫うようにJRが走っているが、市内中心部の交通は、広島電鉄、バスに依存している。アストラムラインは郊外線である。
 広島市の規模の都市で、都市中心部の交通網がこれだけ未発達の都市はない。札幌、仙台、福岡は中心街とJR駅を結ぶ地下鉄があるし、北九州市も、モノレールがある上、同市は蛸足都市でJRと私鉄がこれらを結んでいる。
 広島市も、中心部を縦横に結び、郊外ともうまく連結する交通網を整備して、都市力を強化することが肝要である。

 もちろん、広島市は平和都市、観光都市としての強みもあり、広島電鉄の伝統と市民の愛着には配慮する必要がある。
 しかし、アストラムライン延線や、地下鉄敷設を検討する必要もある。
 地下鉄については、広島駅から駅前通を平塚あたりまで下り、そこから平和大通り沿いを平和公園前を経由して西広島に至るルートが有力である。広島電鉄がカバーできないラインをカバーして棲み分けをしているし、平和大通りを広島のシャンゼリゼ通りとするプランにも沿う。アストラムラインを南に延長し、NHK前で同地下鉄線と連結する。
 また、広島駅から段原、広島大学病院、翠を経て宇品南に至り、そこから湾岸沿いを光南、江波、南観音、商工センター、新井口駅と結ぶラインも有望である。アストラムラインを南に延長し、光南で連結すれば、広島電鉄と棲み分けられる。新井口から西広島、横川、白島(アストラムラインと連結)、広島駅とJRに乗り入れれば、環状線が成立する。
 アストラムラインからの伴からの延長は、西広島駅が有力とされているが、新井口駅を選択して商工センターの活性化を図るのも重要であると思う。

 高速道路については、順次整備が進んでいるが、宇品・仁保地域を連結点とした発達をしている。中心部へのアクセスは良くない。
 河川沿いを中心とした緑地化に重点を置く広島市の美観方針からすると、東京、横浜や福岡のように、河川沿いに高架を通すようなことはできないが、駅前通りの平塚付近のように、一部地下道で中心部にバイパス道をアクセスすることは検討すべきである。考慮すべきなのは、仁保マツダ付近から2号線沿いを潜り、広大跡地を利用して国泰寺あたりで2号線と連結する地下バイパスである。もちろん、環境適合施工を優先する。
 高速湾岸線については、南観音ランプと西(シティ)飛行場、観音マリーナの相乗効果を期待する。西飛行場と広島駅、広島空港のアクセスを飛躍的に向上するほか、観音マリーナから宮島・呉へ高速船を出し、宇品と役割分担しながらの観光港とする。

 広島市は、高速道路が無料化・低額化されれば、これを活用した広域都市経済圏を形成しやすい地理関係にある。これまで鉄道網で十分に連絡していなかった分、発展の余地も大きい。
 文教・産業の集積地である東広島、港湾産業の呉、木材・観光の廿日市、農産業と土地の北広島と、単体では強みを発揮しきれていない特色ある地域が連携することによって、ブレイクスルー的な経済発展も意図できる。