【公務員制度改革】

投稿者: imaeda

~官民を超えて活躍できる政策専門家へ~

【理念・実現のための大きな枠組み】

●公務員を身分から職業へ

●倒産のリスクがない以上、人材流動化制度の強化

●省益のためでなく国民全体のために働く行政組織

●厳しくとも公の仕事を望むなら公務員に


【基本方針】

●大阪府・市の公務員制度改革(頑張ったものは救われる、能力、実績主義、職位に見合った給料)を国に広げる

●官民給与比較手法(総額比較)の抜本的改正、人事院制度の廃止

●地方公務員も含めた公務員の総人件費削減

●大阪府・市職員基本条例をさらに発展、法制化

●公務員の強固な身分保障の廃止

●内閣による人事権の一元化

●内閣による公務員採用の一元化 社会人中途採用を基本

●採用試験の抜本的見直し

●任期付を原則とする等、官民の人材流動化を強化

●管理職の内外公募制

●大胆な政治任用制度(次官・局長級幹部の政治任用)

●年齢・在職年数に依らない職務給制度

●任期付の場合には民間に劣らない給与・処遇

●若手時代は官庁間移動を原則

●公務員労働組合の選挙活動の総点検

●公務員の関係首長選挙活動の制限

●国家公務員制度に合わせて地方公務員制度も抜本的改革