お問い合わせ

広島写真

いまえだ仁後援会 ご入会のお願い


平成23年初春吉日

広島市をよくしたい皆様へ

拝啓 寒い日が続きますが,時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

  さて,ご存じのように,広島市の秋葉忠利市長が4選出馬をしないということで広島市政も混迷を呈していますが,広島市中区幟町で10年間弁護士をしています今枝仁は,昨年来一念発起して,広島市の市政に携わり市民の暮らし向上に貢献するため,政治活動を始める決意をし,政治活動を開始致しました。

  今枝仁は,今で言う「不登校・引きこもり」により,高校一年生のときに留年し,2回留年した挙げ句,結局中退しました。そのような状況ですから,人生を悲観し,将来の希望のない,絶望状況にありましたが,苦しみながら20歳で大学入学資格検定を取得し,22歳で私立大学法学部に入学しました。26歳で卒業後,一般職の公務員を務めながら28歳で司法試験に合格し,30歳で検察官に,31歳で弁護士になることができました。挫折を経験しており,決してエリートではありません。しかし今枝仁は,恵まれたことに,周りの方々の温かいご支援で,人を信じる心を持てるようになり,立ち直ることができました。この経験から,今後,不登校,引きこもり,うつ,自殺の対策と撲滅に尽力したいと思っています。

  また今枝仁は,これまで,まず裁判所刑事部の事務官として,次に東京の検察官検事として,そして広島で地元地域社会での弁護士として,子どもやお年寄り,女性や障がいを持つ方,なんの罪も落ち度もない方が,理不尽にも命を失う犯罪や事故を,たくさん目の当たりにしました。亡くなられた方のご遺体を,時には検視で直接,多くの場合は写真で目の当たりにして,尊い命が失われるということの重み,恐怖感,無情,そして儚さを噛みしめてきました。また,亡くなられた方のご遺族やご友人,同僚などの,やり場のない怒りや悲しみ,嘆きや絶望の,あるいは祈りの,叫びや言葉を,たくさん耳にし,あるいは供述調書で拝読してきました。筆舌に尽くすことは到底できません。

  今枝仁は,弁護士として,このような事件や事故を起こした加害者が,適正に罪や責任を償い更生するための弁護活動をする傍ら,被害者やご遺族の方を精神的に支援するため,公益社団法人広島被害者支援センターの立ち上げに関わり,同センターの監事として,約6年間活動を続けてまいりました。

  これらの活動を通じて,今枝仁は,犯罪や事故,災害の機会を与えない防犯・防災型の安全・安心な地域社会を構築すること,一度犯罪を犯した者を地域の力できちんと更生させてさらなる犯罪を防止することに,関心を深めてまいりました。そして,これまで目の当たりにしてきた,悲痛とも絶望とも言い難い被害者やご遺族の声,あるいは声にならない慟哭,暗闇の深淵を思わせるような凄惨な表情や佇まいを,これ以上は生まないために,これまでの経験を活かして,誠心誠意努力をなしていこうと決意しました。

  無抵抗の市民の頭上への原爆投下という戦争犯罪により,20万人以上の方の命が奪われ,66年経った今も苦しみ続ける方々がなお多くおられるという,人類史上最大の悲劇を生んだ広島市だからこそ,一つひとつの「命」を護るため,市民一人ひとりが信頼関係を築き,配慮し合う,優しい地域社会を創りたいと願います。検察庁で刑事政策を学んだほか,今も,アジア刑政財団広島支部等に所属させて頂き,犯罪防止と刑事司法について,学ばせて頂いております。「見守り・声かけ」から始まる防犯型地域社会の構築,人権制約と調和する手法での性犯罪者・累犯者等観察制度,犯罪者の社会内更生保護施設の民間委託,地域特性型犯罪・非行に対応した適正な条例の制定,緊急時における警察・消防等と市職員・児童相談所職員・弁護士等との連携による現場執行力の強化等,試行を検討すべきプランはいくつもあります。これらの知見を,地域における信頼の絆の醸成により,犯罪・事故・災害の防止と対応,犯罪者の更生を進めることに役立てたいと願っています。

  「平和」とは,単に国家レベルで戦争や核兵器が無いことだけでなく,まずは日常生活の安全が保障されることです。地域において日々の「人間の安全保障」が保たれてこそ,真に価値が伴う,戦争放棄であり,核兵器廃絶です。極言すれば,広島市を,世界一安全で安心でき,市民の笑顔に信頼と自信が満ちあふれる,世界が羨むような,安全で平和な観光都市にしたいと考えます。そして,「仁義なき広島」を脱し,「仁義ある広島」を確立するため,市民や外部から信頼される「ことば」を発したいと思います。

  また,今枝仁は,光市母子殺害事件差戻控訴審の弁護団に参加した関係で,読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」で弁護団を誹謗中傷し懲戒請求を扇動した橋下徹弁護士(現大阪府知事)に対し損害賠償請求をなし,1・2審で勝訴して橋下氏からは謝罪を受けており,現在最高裁に双方上告中です。その過程で,弁護士としての役割,現代の日本社会における弁護士像,裁判員裁判を迎えた刑事司法に関する報道のあり方等について,問題提起をしてきました。そして,好敵手となった橋下氏が,大阪府知事として地域改革に一定の成果を挙げていることも,大きな刺激となりました。

  もちろん,市民生活に責任を負う行政は,関心のある分野に没頭していればよいのではなく,財政,経済,商工,土木,雇用,福祉,医療,介護,民生,教育,保育,農業,漁業,消費者問題など,あらゆる面の問題に対応し,適切に解決していかなければなりません。特に,この10数年の広島の停滞は憂慮すべきものがあり,喫緊に,地域経済が活性化され,景気が刺激されるとともに,雇用も確保され,福祉も充実し,「市民生活の安全保障」も確保されなければなりません。広島は,江戸時代には,江戸,大坂,京都,名古屋,金沢に次ぐ日本第6位の都市でした。明治維新後もほぼ同様で,そのころ作られた高等裁判所の序列は,今でも,東京,大阪,名古屋に次いで広島が4位です。広島は,福岡や札幌を追い越して,大阪や名古屋をライバルにするぐらいの気概を持ってもいいくらいです。しかし,多くの市民も企業も,萎縮して自信を失い,広島の限界を意識してしまっています。高速道路無料・低額化時代を迎えて東広島や呉,廿日市,北広島を包摂した広域都市圏・ブロック経済圏の形成,湾岸道路・高速道路の整備による商工センター・南観音・江波・光南・吉島地区の横断的連合と「お台場」的湾岸都市計画,地元住民の意見を聴取した上での広島西飛行場の防災・ドクターヘリポート化と羽田空港接続・中四国地域のハブ空港化,環境適合型・雇用創設型地域企業や商店街への融資助成制度の充実,「広島しごとセンター」創設と「広島型ジョブ・カード」制度による雇用促進,町会・自治会・子ども会・商店街連合会等への助成を通じた「地域社会の絆」の再構築,大都市型ニーズに適合した新たな認証保育所制度の創設による「働く女性」の応援,医療・介護サービスを連携した高齢者専用住宅の「あんしんの街」構想,原爆ドーム・厳島神社・石見銀山といった世界遺産や大和ミュージアム,尾道や鞆などの瀬戸内海観光資源と宿泊施設・食の施設等をパッケージ化した「見て,食べて,滞在したい広島」作り,洗練されたショッピング街と魅力ある繁華街の盛り上げによる「遠出して買い物に,遊びに行きたい広島」作りなどで,広島の街を,福岡なみに豊かで強い街にすることは十分に可能です。広島市民が自信を持ち,未来を信じるのであれば。

  そうして,子どもの成長を安心して見守れる優しい広島市,若者が住み続けたい,帰りたい魅力ある広島市,高齢の方が安心して住める温かい広島市を創りたいと思います。また,特に広島市の場合には,2020年夏期オリンピック招致問題,広島西飛行場問題,子どもの権利条例の是非など,市民の間でも意見が二分されるような重要な問題が山積しています。これらの問題についても,それぞれの分野の専門家の知見や,市民の皆様の素朴なご意見にも丁寧に耳を傾け,虚心に誠心誠意勉強します。

  このように,広島市が豊かで経済的に強い街になってこそ,教育や福祉などの面で本当に優しい街にもなれることができるし,「強くて優しい広島市」になってこそ,平和や核兵器廃絶といった高い目標への活動も充実するはずです。

  今枝仁が広島市政で何をやりたいと考えているのか,それは,同封しましたリーフレットと,ホームページ  http://www.imajin.jp/ ,できれば扶桑社から出版しています今枝仁著「なぜ僕は悪魔と呼ばれた少年を助けようとしたのか」をご覧,ご閲読頂ければ,幸いです。ホームページは,イシューごとにコメントを投稿できるようにもなっていますので,ご意見も頂ければなお幸いです。書籍はご要望があれば,お送りします。

  しかし,今枝仁1人で,広島市政を劇的には変えることはできません。皆様の厳しく温かい叱咤激励,ご助言や,ご支援が必要です。そこで,多様なバックグラウンドとパーソナリティーを持った,いろいろな感性とご意見をお持ちの数多くの皆様に,いまえだ仁後援会にご入会頂きたく,お願い申し上げます。後援会にご参加頂くにつき,入会費や会費等は,ございません。名簿を作成し,交流会やミニ集会,後援会パーティー等の後援会活動の案内や,政治活動便り,後援会会報の郵送等のお知らせ等を送らせて頂くために活用させて頂くに過ぎません。もちろん,今枝仁は弁護士ですから,個人情報保護法の趣旨に則って,責任をもって情報を管理致します。ご安心とご信頼を頂き,ぜひ,いまえだ仁後援会にご入会下さい。

  また,ご家族や同僚,ご友人等,いまえだ仁後援会にご入会をご検討頂けそうな方を,ぜひご紹介下さい。広島市を元気で円満な美しい都市にしたいという思いを同じくする仲間を増やし,ときには意見を闘わせながらも,理解と信頼の和を広げましょう。

  そして,66年前に憎しみと侮蔑により地獄と化し焦土とされたこの地に,安心して子どもたちの成長を見守り,次世代を頼り心豊かに年老いていくことができる,信頼の絆と希望の光が満ちあふれた素晴らしい地域社会を,しっかりと築きあげようと心に誓います。そして,憎悪と侮蔑,不信の闇に屈することのない,互いに愛し信頼しあって生きる人間の叡智と希望の光の強さを,内外に示そうではありませんか。

  どうか,ぜひ後援会にご加入頂き,今枝仁に温かいご支援と厳しいご鞭撻を賜りますよう,心よりお願い致します。                       敬具

個人情報保護方針

  • ・個人情報の利用目的:お問い合わせ内容への回答の為に利用致します。
  • ・取得した個人情報は本人の同意無しに、目的以外では利用しません。
  • ・情報が漏洩しないよう対策を講じ従業員だけでなく委託業者も監督します。
  • ・本人の同意を得ずに第三者に情報を提供しません。
  • ・本人からの求めに応じ情報を開示します。
  • ・公開された個人情報が事実と異なる場合、訂正や削除に応じます。
  • ・個人情報の取扱いに関する苦情に対し、適切・迅速に対処します。

お問い合わせ

お名前 *[必須]
ふりがな *[必須]
郵便番号 *[必須] -
都道府県 *[必須]
市区町村・番地 *[必須]
マンション等
電話番号 *[必須] --
メールアドレス *[必須]
メールアドレス(確認)
件 名 *[必須]
ご用件 *[必須]
送信内容確認 確認メールを受け取る場合はチェックして下さい

*[必須]は必須入力項目です。
今枝仁の写真

今枝仁法律事務所

〒730-0012
広島市中区上八丁堀4-1
アーバンビューグランドタワー1112号

TEL082-411-6677 FAX082-511-6690

メールでのお問い合わせはこちらから

いまえだ仁後援会事務所

〒730-0016
広島市中区幟町3-57
中特会館510号室

TEL082-511-665 FAX082-221-7720

メールでのお問い合わせはこちらから